カードローン審査

審査が甘いカードローンを選ぶ理由

金融業者からの借金が増えてくると、新規の借り入れ審査は厳しくなってきます。現在の借り入れ件数などは、審査の際に信用情報センターへ問い合わせをしてすべて分かってしまいます。したがって、そのような多重債務者への融資は、融資金が焦げ付く可能性が高いので、ローン会社も当然融資のハードルを高くしてきます。

低金利で貸し付けをしている大手銀行系のカードローン会社では、ほぼ間違いなく審査で落とされてしまうでしょう。審査の申し込みをすること自体、時間の無駄です。

カードローン一覧

審査に通らない人が最終的に行きつく先は、極甘審査ファイナンスです。webサイトなどで、ブラックでも借りれるだとか、審査極甘金融といった広告に釣られて入ってくるわけですが、そういった広告の大半は虚偽の広告です。

中には本当にそういった業者も存在するかもしれませんが、どんなに審査が甘いといっても、すべての貸金業者は審査の際に信用情報センターへ問い合わせをします。その中で事故情報に登録されている人への融資は100%あり得ないのです。

上限金利

顧客にお金を融資をして金利を取る行為は、貸金業法で厳しく規制されています。法律を遵守した方法での融資が求められますが、中には法律に違反した貸金行為をしている違法業者も少なくありません。彼らは法律で規制されている上限金利(18.0%)を上回る金利を要求して、暴利を貪っているのです。

そういった違法業者の大半は、通常のカードローン会社では審査に通らない多重債務者を相手に貸し付け行為をしています。そういった顧客なら足元を見れるからです。

何処からも借りるあてのない多重債務者にとっては、そういった違法業者とわかっていても、お金を貸してくれる業者は非常にありがたい存在です。しかし、借りた後が大変になります。

通常の利息より高いので、金利が金利を産んで元金が雪ダルマ式に増えていって二進も三進もいかなくなることは、火を見るよりも明らかです。そして少しでも支払いが遅延すれば、厳しい取り立てが実行されることとなります。

したがって、どんなにお金に困っていても、そういった違法業者だけは手を出してはなりません。手を出すくらいなら、いっそのこと債務整理を考えたほうが得策かと思います。

融資のシーン

契約書の確認

上記に記したように、多重債務者の方はよくよく考えて借り入れを考えましょう。あくまでも支払える目途があってこその借金です。その場しのぎの借り入れは、必ず身を滅ぼします。

多重債務者や過去に支払い遅延などの事故歴があって、信用情報センターの事故情報として登録されている方は、通常の消費者金融では審査には通りません。しかし、貸金業登録をしていない違法業者などでは、キャッシングをすることも可能でしょう。

悪徳業者かどうかの見極めは、きちんと契約書を確認することが重要です。貸金業登録をしている業者か否か、法定金利が書かれているか否かを、まず第一に確認しましょう。いくら審査が甘いといっても、違法業者なら話になりません。